Category Archives: 全体のお知らせ

第75回ものこと双発研究会

2021年7月14日に、第75回ものこと双発研究会をオンラインで開催しました。

WG1は、宿題とした「主役にならない、目立たない学生が」参加するためのロールプレイングを共有した。昨年は、個人をターゲットにしていたが、今年はチームをターゲットにしたロールプレイングを検討することとした。

WG2は、エネルギー関係の日本政府、経産省や内閣府の2050年に向けた動向や、海外のMOBIビーグルtoGRID、電力網と電気自動車を繋ぐ規格の話、EU、米国の日本に先行する話、蓄電池の代わりに揚水発電を使う試算の内容など、それぞれ調査した内容を共有した。次回は、EU、米国の動向(規格化、標準化)などにもう少し焦点を絞る予定。

WG3メンバー企業の事例についてディスカッションを進めた。失敗事例や、負の側面も含め変革によって起きたことを題材にした方が良いのではないか。美しいパスサッカーとは対極の縦ポンサッカーで勝つ等々…次回はこれらの視点を取り入れた仮説設定の議論を行う。

第74回ものこと双発研究会

2021年6月9日に、第74回ものこと双発研究会をオンラインで開催しました。

WG1は、Pocの中である人物を演じ、その自分に酔ってある種の幸福感を得られたことを仮説とし、次回はターゲット顧客が幸福感を得るための達成手段を検討していく。

WG2は、スマートグリッドの範囲を狭めたナノグリッドの仕組みで新しい電力ビジネスの構築ができないか検討を進める。並行して数か月かけ日本の電力の現状把握もしていく。

WG3は、メンバー各企業の変革の事例を共有している。
夏ごろ、某大手企業の方に「企業の変革」について、お話いただく予定でいます。

第73回ものこと双発研究会

2021512日に、第73回ものこと双発研究会をオンラインで開催しました。 はじめに、妹脊和男さん(元帝人)より、帝人さんの在宅医療事業の立ち上げについてお話をうかがった。その後WG毎にわかれディスカッションを進めた。 WG1は、前年度から進めている課題を今年は事業化する意思のもとに、ビジネスチックな話を進めている。 WG2SDGsに絡めたビジネスモデルを考えてみたが、今後はそれに限らずビジネスモデル的な話題の中から題材を見つけ、数か月かけて絞り込んでいく方向。 WG3は、“変わる”についてディスカッションが弾んだ。次回以降は、帝人さんと日東工業さんから変わるためのアイディアをうかがう。

第72回ものこと双発研究会

2021年4月14日に、第72回ものこと双発研究会をオンラインで開催しました。

はじめに、本年度の目標として、(1)WGの成果の提言化、(2)メンバー間の情報交換(可能なら企業訪問など)、(3)ものことのシステム化(DX推進)について説明があった。次に、本年度最初の研究会ということで、メンバー(出席者24名)の自己紹介後、各WGに分れディスカッションを進めた。

WG1は、前年度からの課題に関して、ビジネス化を想定し、次回研究会までにスラック上で意見交換を進める。WG2は、SDGsに絡めた視点でリスタートする方向。WG3は、出る杭を育てる成功例について、次回までにディスカッションを進めておく。

第69回ものこと双発研究会

2021年1月13日に、第69回ものこと双発研究会をオンラインで開催しました。

WG1は、”ほろ酔いカクテルタウン”のコミュニティサイトのPoCを実行に向け、着々と進行している。WG2は、今まで出し合ったアイディアを具体的にするため、ターゲットやお金の流れなど精査していく。WG3は、アフターコロナの組織を考えるうえで、本日の議論、雑談からもヒントもあったため補講をしながら、3月の大会に向けてまとめていく。

第68回ものこと双発研究会

2020年12月09日に、第68回ものこと双発研究会をオンラインで開催しました。

WG1は、コミュニティサイトのアイディアを出し合い、ほろ酔いワールドの世界観を作ることと、そのコンセプトやターゲットユーザーについて議論を進めている。
WG2は、アフターコロナ時代のビジネスモデル創出について考えている。今回はワークシェアリングサービス等についてディスカッションを行った。次回以降はビジネスモデルとして体裁を整えていきたい。
WG3はポストコロナの組織について。今回は石垣教授にも加わっていただき貴重なお話を伺うことができた。次回は3月大会に向け方向性を絞り進めていく。

第67回ものこと双発研究会

2020年11月11日に、第67回ものこと双発研究会をオンラインで開催しました。

WG1はコミュニティサイトのアイデアを紹介し合いイイね交換を行った。PoCサイトの作成なども検討している。WG2はアフターコロナの旅行についてディスカッションを、WG3はテレワークから見えてきた様々な課題に対し、どこへスポットを当てるか議論を重ねている。
『2020年度研究発表大会』(2021年2月か3月に開催予定)の発表に向けて、各WGとも準備を進めている。
次回は、研究会後にオンライン忘年会を30分~1時間程開催する。